HOME>記事一覧>グラフィックデザインは専門学校で技術を取得しよう

グラフィックデザイナーを目指そう

グラフィックデザインを学ぶには、専門学校で技術や知識を取得する必要があります。ですから、通学をして学んでいきましょう。ただし、学びに行く前に最低限のことは知っておくといいです。グラフィックデザイナーを目指すなら就職先となる場所や基本的なグラフィックデザインのこと、また活躍できる分野についても知るべきでしょう。

グラフィックデザイナーの主な就職先

  • いろんなデザインが担当できるデザイン事務所
  • 広告メインで働ける広告代理店
  • デザイン以外に印刷の技術も学べる印刷会社
  • 写真や雑誌などのデザインを手掛けられる出版社

学校へ行く前に把握を!グラフィックデザインの種類

PC操作

広告

広告には、フリーペーパーや雑誌、新聞などの出版物から、街中や駅などの掲示板などに貼られているポスターや看板など幅広いものがあります。これらのグラフィックデザインは大抵の場合、代理店に所属しているデザイナーや依頼を受けた制作会社のデザイナーが担当して制作している場合がほとんどです。

セールスプロモーションツール

カタログやイベントのパンフ、フライヤーからDMなど宣伝効果で商品の売り上げや集客を高めるツールのことです。特徴としてスポンサーなどが制作会社に直接依頼してデザインされることが多いです。

商品ロゴ・パッケージ

商品に直接貼ってあったり、デザインされていることが多くなります。これらのデザインは商品を提供している会社やメーカーに所属している広告宣伝部などのグラフィックデザイナーが作成している場合がほとんどです。

グラフィックデザインは専門学校で技術を取得しよう

ペンタブレット

グラフィックデザインを学ぶには?

クリエイターを目指すなら、グラフィックデザインやコーディング技術、プログラミングなどの資格や技術が取得できる専門学校へ行きましょう。学校では、インターンシップや現場体験など多くのイベントを通して学ぶことができます。また、デザインを専門的に学ぶことができる学校は少人数制になっていることが多いので、通う期間が短くても先生と個別に近い形で授業を受けることができます。しっかり授業を受けて学ぶことには、多くのメリットが溢れているのです。

広告募集中