専門学校に進むには?

トータルビューティなど専門性の高い分野を学びたい!そんな方には専門学校で学ぶことをオススメします。では、まずは専門学校に入学するにはどうしたらいいのか?その入試方法から見ていきましょう。

2つの入試方法を比べよう

推薦入試

推薦入試は、学校からの推薦書と調査書、成績証明書などによる書類選考や面接による入試になります。推薦入試を実施する学校によっては、書類選考でほぼ入学が決まるということもあるようです。

AO入試

AO入試の場合は、選考方法として作文や制作物などの提出、面接などを行い総合的な評価をして選考をします。AO入試の特徴として、制作物や得意な分野に特化した体験やレポート、スピーチなどがあればアピールすることができるということです。

トータルビューティなどが学べる専門学校の人気受講コース

学生
no.1

1年制の週3受講コース

1年間の短期集中カリキュラムを受講して最短でのプロへの道をサポートします。トータルビューティやメイク、ファッションなど自分の好きな分野を選んで1年で技術や必要な知識を学び身につけていきます。1年のカリキュラム終了後の希望する分野での就職率が高いのも人気の理由です。また、週3での受講なのでバイトなど仕事をしながらできるので始めやすく続けやすいです。他にも資格取得サポートなど役立つ内容がたくさんあります。

no.2

1年制の週1受講コース

週1での受講なので大学生や会社勤めの社会人にも人気のコースです。普段の仕事や学業、育児などを続けながら学べるのが1番のメリットになります。分野としてネイルやトータルビューティ、エステティックなどを選ぶことができます。検定対策クラスなども利用して資格取得に役立てることができます。

no.3

2年制の週4受講コース

1年でトータルビューティについて学んで、2年次により専門性に特化して学ぶことができるコースもあります。週4で学べるのでヘアメイクやネイル、エステ、ブライダルなど幅広い分野を総合的に学ぶことができ、2年目でより専門性を深めて技術を取得することが可能です。資格サポートもあるので1年目で複数の資格取得を目指します。2年次のカリキュラムではトータルビューティの職場体験やインターンシップを行うこともできるので、より専門性と実用性の高い技術を習得することができます。ただ、週4回の受講と2年という期間が必要になるので、社会人や時間がない人には継続は難しくなることもあるので注意しましょう。

働きながらでもOK!専門学校でトータルビューティを学ぼう

女性

専門学校で得られるもの

トータルビューティが学べる専門学校では、より専門性の高い技術や知識、それを示すメイクアップ技術検定やエステティシャン、ネイルや美容師資格取得などが可能になります。また、オリジナリティや提案力など高いコミュニケーション能力など総合的な力も身につきます。実際の現場で即戦力となれる能力を養う、それが専門学校の最大の魅力と言えます。ネイルのことやファッションなどいろんな美を学びたいなら総合的に勉強ができる専門学校やコースを選ぶのが、美のスペシャリストを目指すための賢い選択の1つでしょう。

広告募集中